カタンはじめました

こんばんは。珍しく、真面目な日記です。



先日、ぷよ9連の対戦会で「カタンの開拓者たち」というボードゲームを始めたのですが、

これが見事にハマってしまって、いま一人で戦術の勉強をしているところです。


有名なゲームなので画像はとくに貼りませんが、気になる人は調べてみてください。


今回は、その戦術について語って行きたいと思います。


・5種類の偏り

基本的にどのようなカタン島を選んでも、3人戦&先頭でもない限りは

5種類の素材すべてをまんべんなく手に入れる」ということは、厳しいです。

37マス(幅4の拡張盤)マップであれば、可能性はありますが、通常のカタンでは

なかなか戦術として使うには向いていません。

優先度としては、序盤は「レンガ(土)」、後半は「鉄(鉱石)」が重要になります。

というのも、この2種類は素材獲得エリアが他より1マス少ないので、

6や8が乗っている場合は積極的に狙っていきたいです。

5種自給型でPC上のシミュレーションで実際に勝利したデータでは


羊(11,3)-麦(10)-木(9)-瓦(6)-鉄(5)

羊(4)-麦(9)-木(3,4)-瓦(8)-鉄(11)

羊(10)-麦(4)-木(5)-瓦(9)-鉄(3)


のように、瓦(レンガ)≧鉄(鉱石) となるようなパターンが多く見られました。

これらより、序盤の展開は、終盤の都市化よりも重要であると考えられます。

また、鉄6や鉄8で勝った場合には、麦の生産も比較的多いようです。

大量都市化を目標にするなら、素材は開幕から狙っていく必要があるようですね。


・4:1交換

カタン島では、素材が大量に余ってしまった時に、同じ素材4枚を好きな素材一枚に

交換できるというルールがあります。(詰み回避の制度ですが、基本的に詰んだりは

しないです。)そこで、集まりやすい素材を狙い、その素材で別の素材を入手するという

荒技もあります。この戦法の強いところは、終盤に2:1交換の港ができた場合です

カタン島には港があり、その港の両端どちらかに開拓地を建設すると、

余った素材を3:1や2:1で交換することができるようになるんです。

(自分は思いっきり≪間に交易路を建設する≫だと思ってました・・・)

こうなってしまえば、羊(5 or 9)>岩(3 or 11)   麦(6 or 8)≒岩(4 or 10)のように、

足りない素材を数の暴力で手に入れ、より高いパフォーマンスを得ることができます。


他にも騎士戦術や交易路戦法など、様々な戦術がありますが、それは

また次回、お話することにしましょう。

それではまた!


※おまけ:コストパフォーマンスについての補足

たとえ砂漠が隣接していても、(6 & 9)などであれば、出目は(5+4)/36=9/36です。

2-5-11 (7/36) や 4-9-12(8/36)、 3-4-10 (8/36)などに対しても数は有利です。

砂漠や2,12が隣接しているからといって、安易にあきらめてはいけません


以下、一覧です


トオルンのブログ

日常生活から趣味はぷよぷよやら音楽小説数学情報論理にポエムやお絵かきそして大会や太鼓などの音ゲーと、 もはやジャンルというものが存在しないブログです

0コメント

  • 1000 / 1000