異常な確率の世界

こんばんは。今日のお題は確率に関するお話です。

とっても大事な話なので、耳の穴かっぽじって目でよくみてください。


世の中には、とても信じられないような理論や思想があります。

「100分の1で○○がでるくじを一番最初に引けば○○は出ない」

「100回の試行、最初と最後は1%なんて怒らない、起こりやすいのは真ん中あたり」

「一度宝くじが当たった場所は出やすい」

「残り物には福がある」


不思議です。いったいどこからそういう理論ができあがったのか。

なぜそれを信じて人は動くのか。考えたことはありませんか?


私もかつてはクラップスというゲームをやっていた時に、「サイコロで12が出たから

次は12は出ないだろう」と思ったりしたことがありました。不思議です。


「サイコロを振った時の出目」と「次にサイコロを振った時の出目」は相互に独立です。

前に12が出たからといっても12が出る確率は1/36、12以外が出る確率は35/36です。


とてもあたりまえなこと。「なぜ人は騙されるんだろう?」と思います。なによりここで問題なのは、この思考は発想であり記憶ではない、ということにあります。そう、コンピューターに聞けば、この発想は絶対に出てこないのです。


コンピューターに聞いてみます。「サイコロの目はなんだと思う?」

コンピューターは1~6の数字を適当に返すでしょう。

コンピューターにまた聞いてみます。「さっき6が出たよ。次は何が出ると思う?」

それでもコンピューターは1~6の数字を適当に返すでしょう。賢いものなら、

むしろ6を返すのではないでしょうか。そう、一度起こったことが起こらないことよりも、

一度起こった結果はまた起こりやすいという発想のほうが自然なのです。


天気予報を考えてください。「以前このような天候で雨が降った、だから次は降らないだろう」なんて一言もいってません。むしろ、「以前このような状況で雨が降った、だから今回も降る」という発想をしています。「天気には理屈があるが、サイコロは以前の結果は関係ない。だから天気予報をランダムのサイコロと比べるのはおかしい!」という方もいるかもしれませんが、私たちはそういう確率の分かっていない事象に対して、最初に「一度起こった結果はまた起こりやすい」という発想を用いることが明らかに自然なのです。


私たちはサイコロの目にも、その理屈を用いるべきなのです。なのになぜ、一度起こったことが起こらない、起きにくい、というような発想に至るのでしょうか。


答えは私たちの生活にありました。私たちの生活では、サイコロを振る、というような「以前に起こった事象に関係なく次の事象の結果が出る」という例のほうが少ないのです。


小学校の席替えを考えてください。くじ引きで決めると考えましょう。最初に引くひとは、

まあ1/20くらいでランダムに当たると考えます。そこから10人引いて自分の番が回ってきました。まだ自分のほしい席は取られていません。あなたが考えることは「狙った席が当たる確率は、高くなる」なんです。そのとおりなんです。合ってるんです。


学校で、まずA君が当てられました。「次にA君が当たる可能性は低くなる」んです。

先生が「同じ人を当てないという作為」をしているからです。

「次に自分が当たる可能性は高くなる」んです。

先生が「同じ人を当てないという作為」をしているからなんです。


そうなんです。世の中では「同じことが連続して起こりにくいような仕組みが備わっている」んです。こんな世界をしばらく生きていれば、「さっき起こったことは怒らない、さっき起こらなかったことは怒りやすい」という一連の発想が、スムーズに出てくるのです。



そう、私たちは、踊らされているんです。

作為の中に。


人間が、人間だからこそ引っかかる。

それが、確率。


気づいてしまったあなた、今からでも遅くないです。

確率を勉強しましょう。



それではまた。




トオルンのブログ

日常生活から趣味はぷよぷよやら音楽小説数学情報論理にポエムやお絵かきそして大会や太鼓などの音ゲーと、 もはやジャンルというものが存在しないブログです

0コメント

  • 1000 / 1000