太鼓さん次郎 aria_5th の話(1)

こんばんは。今日もお題を飛ばして太鼓の話をしたいと思います。

お題はブログに書く内容が思いつかないときとためにとっておきたいです。



今回は「太鼓さん次郎」での譜面を作って競う大会に参加しました。

Twitterで「#aria_5th」と検索すると結構出てきます。


ルールとして、名前を隠して大会を行うので、今回のブログの内容を見ても

自分の譜面がばれないように、

「自分の譜面もカモフラージュして感想を述べたい」と思います。


というわけで、譜面の感想、ズバリいっちゃうぞ~~

といっても、42譜面もあるので、6譜面ずつ7回に分けてお話したいと思います。

あと、大会に提出する感想とはまた別の内容になることもあるんで

そのへんは分かってくださるとうれしいです。


感想に関しては、思ったことをそのまま書きます。

見る人はそれなりに覚悟してください。



とりあえず、初見プレイは全部リザ取ってるので6枚づつ公開していきます。

今日の6枚はこれ!

ジャッジは0ではなく、良=30,可=60,不可=60でプレイしています。

J0 は「 良=50,可=100,不可=200」 だそうですが、不可って出てくるのがなんか悔しいので

不可は無反応ってことにしてます。


・ダイヤモンド /四角いセカイ さん

この譜面は大会で唯一の☆6、そして最低難易度の譜面です。

低難易度で全良詰めるの大好きな僕には朗報の譜面ですね。

JPOP系統なのでスピードも緩く、12分主体なので重くもない譜面です。

・個人的な感想

中身はどうかというと、平均点には乗れないんじゃないかと思っています。

序盤8小節は4小節+それに縁を1コ足しただけ、という浅いスタートで、

そこまで似せるくらいなら最初の4小節はもっと削っても良かったのではないかと感じます。

二回くらい出てくる100100122100,とか、かなり違和感感じました。

最初のゴーゴーが終わると、この部分は歌詞に惑わされない配置で、まあこの辺は

人それぞれだしいいかな、という感じです。

 1度24分が出てきてからが問題の場所です。20小節目くらいからですね。

サビに突入するまでかなりの間「100201001200, 100201002200,」が続くんですよね。

無味乾燥、というところでしょうか。

サビはまあまあ文句なし、強いて言えば36小節の最後は「ここーに」の部分ちゃんと取ってほしかったなというくらいで。

そのサビ終わってからもアカンですね。面多く変化少なく、58小節では

30001001200,という、2つめの面が裏拍に隠れるという奇妙な配置も気になります。

「ダイヤモーンードーよりも」と来ているところですし、ラストです。

「モ」「ン」「ド」全部取っても良かったような気がしますね。


・水の色 /あお さん

唯一の☆7 ボカロの曲です。☆6があったのでインパクト的には欠けてますが、

デモスタート聞く分にはダイヤモンドよりインパクトはありました。

・個人的な感想

まあ繰り返し要素がここまで詰まっていますので、僕からの評価はほぼ最低です。

最初のゴーゴーと最後のゴーゴー、その先は特にひどいですね。まだ音に合っているだけ

よかったものの・・・ いんなんとか大会の結果を見る限りでは、この譜面、普通に平均点乗ってしまいそうな気もしますが、僕はとにかくきらいです。



・Proluvies /OVERFLOWiNGさん

出だしはかっこいい曲ですね。とはいっても、

僕はこのテの曲は苦手なんですが・・・

すごい耳にツーンと来ませんか・・・?

・個人的な感想

譜面はかなり良い出来、10位以内目指してますオーラを感じます。

叩かずに流してみると、ホント綺麗に音取ってるんだなーって感じます。

付点16分の取り方がうまいですねホント。

逆に言うと、音符のないところがダメ、という感じですね。

最初の8小節と、中盤の空きがかなり暇です。曲を聴け!ということなんでしょうか。

序盤のほうは始まりということでまだ許せる範囲なのですが、

中盤の方は小節線の速度変化を見るだけですからね。暇です。

仮にそこが完璧だとしたら、ClockworkやCYCLONEとも肩を並べたんじゃないかと

言えるほどの出来でした。個人的にはQuo Vadisに若干負けて6位、くらいなんじゃないでしょうか。




・[E] /はとむぎ さん

曲はcalculatorの前半みたいな感じで、小節線を踏ませない細工や12分などが

盛り込まれており、リズム難狂信者が喜びそうな感じですね。

僕も大歓喜です。

・個人的な感想

小節線を踏ませない構築をしている序盤の16小節あたりの大音符ですね。

大音符二つの間に音符が入っていて、大音符のパワーが落ちています。

大音符の周囲に音符置いたら大音符らしさがちょっと減るじゃないですか。

リズム難であるこの部分を活かすためにも、音符の間隔を空けてリズムを

崩すっていうのがいい戦略だったのではないでしょうか。

あとは途中の「かっこいい~」とか最後の「すっごくかっこいい」とか、

普通の音符じゃなくて風船とか連打とかで取ったら面白かったんじゃないかと

思いました。そしたらほんとに「すっごくかっこいい」終わり方になったと思います。

・・・思うだけかもしれません。


・Need The Change /(^^)さん

曲はいろんな音が混じってて・・・なんていうんでしょう、

ブレイクコアってやつなんでしょうか。こういう曲は

いろいろ分からないことが多くて困ります。

・個人的な感想

譜面はすごい面白いですし、なんかこう、曲が譜面のために生まれてきたっていうレベルで似合ってます。僕も今回は譜面先に作って後から曲を作ったんですが、この曲と譜面には勝てねえな~~って感じでした。おもっくそ悔しいです。

中盤で一回だけ出てくるギミックみたいなのが気に食わんですね。これだけいい譜面してるのになんか「ここだけ姑息な手段使いやがって~~」みたいな感じです。

他はまったく文句言うところはないです。


・HYDRA /DRAGOONさん

速い曲です。World's endを思い浮かべるような曲ですね。

譜面は半分のスピードですが、しっかり16分が入っています。

・個人的な感想

10120112120112102021012112012110,(4小節)に始まり、中盤のドカドカ交互、

終盤の102220122201222....の部分など、すごい単純です。

もっとなんかあったんじゃないんでしょうか。

しかも終盤ではいきなり8分長複合に変わります。唐突すぎます。

とにかく場面切り替わりが下手です。16分3打の種類も少ないですし。

終わりの変拍子はもっと生かせるところがあったのに、ほんとダメになってます。

いっそのこと無理矢理12分突っ込んでもいいと思いますよ。曲には合ってないけど。




以上です。次もこれくらいキツく語るので覚悟!!

もしかしたらもう自分の譜面、語ってるかもしれませんよ!!!

それでは!!!!!!

トオルンのブログ

日常生活から趣味はぷよぷよやら音楽小説数学情報論理にポエムやお絵かきそして大会や太鼓などの音ゲーと、 もはやジャンルというものが存在しないブログです

0コメント

  • 1000 / 1000