トポロジーって何

こんにちは。


ブログで書く内容が思いつかないので、Twitterのほうでブログの記事に

かく内容を募集したのですが、なんと「トポロジー」という回答が得られました。


いやぼくトポロジーなんてこれっぽっちもわからないんですが・・・


まあ具体的な話にはできませんが、

トポロジーとはなにか、というやつを勉強してきました。

速い話が「うねうねさせて一緒の図形は一緒」という学問です。


なんとこの学問の世界では「ドーナツとコップは同じ」というふざけた発想が

一般的とされる恐ろしい世界です。いったい彼らの頭はどうなっているんでしょうか。

ウィッキペェディアンには「位相幾何学」という名前で掲載されているようです。

内容を見てみますと、「角(頂点)を作らずに面や辺だけを曲げてできる図形は

みんな同じものとして扱う」というのが根本的な概念のようです。

基本的に穴のあいていないものはだいたいのものが「球」と一緒で、

穴が一つあいているものはだいたい「ドーナツ」と一緒、というかんじですね。

(ちゃんと例外もあります)


じゃあこの学問で、「ほかのものとなかなか同一視できないもの」ってなんでしょう。


気になりました。





それは「れんこん」です。

いや見てくださいよこの穴の数!!!!!!!!!!!

とても他の図形とは同一視できません!!!!!!!!!!!!!!!!






・・・と思ったのですが、あっさり論破されてしまいました。

れんこんを二つに切っただけでは、奥まで穴が空いているわけではないので、

「球」を凹ませるだけで作れちゃう(同一視できちゃう)そうです。


つまり、この切ったレンコンこそが、ドーナツとも球とも違う、

伝説の図形だった、ということですね。



それではまた。

トオルンのブログ

日常生活から趣味はぷよぷよやら音楽小説数学情報論理にポエムやお絵かきそして大会や太鼓などの音ゲーと、 もはやジャンルというものが存在しないブログです

0コメント

  • 1000 / 1000