リスクが怖い?

あなたの目の前には2つのボタンがあります.


右のボタンは,「99.99%の確率で1万円がもらえ,0.01%の確率で5万円がもらえるボタン」

左のボタンは,「99.99%の確率で100万円の罰金を支払わされ,0.01%の確率で5000兆円がもらえるボタン」


です.どちらも連続で押すことはできず,1回しか押せません.あなたならどちらを押しますか?

30人にこのアンケートを取ったところ,なんと29人が右のボタンと回答しました.

あなたもおそらく,右のボタンと回答するでしょう.

しかし,期待値を計算してみてください.

右のボタン 0.9999*10000 + 0.0001 * 50000 = 9999 + 5 = 10004円

左のボタン 0.9999*(-1000000) + 0.0001 * 5000000000000000

   = -999999 + 500000000000 = 499999000001円


となります.左のボタンのほうが,圧倒的に期待値が高いのです.

それでもなお,右側のボタンを押す人が圧倒的に多いのはなぜでしょうか?

これを説明するための方法の一つとして,行動に一定の基準を設けるフェイタルフィルターが存在します.

フェイタルフィルターとは,人間に限らず多くの動物が本能的に持つ,摩訶不思議な法則の一つで,数学的,線形的な価値観を壊します.

皆さんの脳には,実は5000兆円のありがたみを正確に計算できる能力がありません.具体的に言えば,地球に存在するほぼすべての人間は,5000兆円と4999兆円の違いすら正確に知ることができません.そのため,人間は限界を脳の中で決定し,計算可能な範囲で確率計算を行います.これがフェイタルフィルターです.この限界を致命的下限といいます.

致命的下限より低い報酬を得ることを負けるといい,致命的下限より高い報酬を得ることを勝てるといいます.人間は,ほとんどこの原理で動いています.


例えば致命的下限が100円の人がいたとします.その人にとって,

「99%の確率で1円がもらえ,1%の確率で1000万円がもらえるボタン」

「99%の確率で1円を払い,1%の確率で100億円がもらえるボタン」

このふたつは,ほぼ同じ期待値だと錯覚してしまいます


また,致命的下限が0円の人がいたとします.その人にとって,

A「90%の確率で1円をもらい,10%の確率で1000円がもらえるボタン」

B「90%の確率で1円を払い,10%の確率で1兆円がもらえるボタン」

この場合,絶対に上のボタンを選択してしまいます.なぜかというと,

その人にとって,この2つのボタンは以下のボタンと同じだからです.

A'「100%の確率で勝てるボタン」

B'「90%の確率で負けて,10%の確率で勝てるボタン」


この理論を用いると,かなり多くの現象を説明することができます.たとえば,ボードゲームの終盤,あと2マス進めば勝てるという状況の時,

「サイコロの目を1,2,3,4,5,6から1,1,6,6,6,6」にするというアイテムを使うか悩んでいたとしましょう.あなたにとって,致命的下限は「2」です.1が出たら負け,2より上なら勝つのです.そう考えると,このアイテムを使っても特はしない,ということが目に見えて分かります.

志望校選択でも言えることですね.国公立を第一志望にし,私立を第二志望にしていると考えて・・・「国公立に受かりやすくなるが,国公立と私立の両方に落ちる可能性も上がるボタン」これを推す意味があるでしょうか?これもフェイタルフィルターを用いれば説明できます.

致命的下限が「最低でも私立に受かること」だとしましょう.国公立でも私立でもあまり変わらないが,落ちたら元も子もない・・・その場合,このボタンは「負ける確率の上がるボタン」です.しかし,致命的下限が「国公立に受かること」だとしましょう.私立に受かっても,それはまるで落ちているのと変わらない・・・そういう考え方ですから,このボタンは「勝つ確率の上がるボタン」です.


なぜこのような話をしたか?それは,「致命的下限は変動する」からです.

80点が目標のテストで30点なんて取ってしまったとき,人間の脳は「次に80点を取ろう」なんて考えることはできません.「まず30点を超えよう」と考え始めます.

そして,「ゲームをしながらでも確実に40点を取れる方法」と「ゲームもせずにしっかり勉強して80点を取る勉強法」を天秤にかけ,「どっちも"勝てる"ならゲームしながら40点を取ろう」と思ってしまいます.

英語がとっても得意で偏差値70取れるような人が全然勉強をせずにテストを受けて,偏差値50くらいまで落ちたとしましょう.「もう一度偏差値70を目指そう」と脳が考えることはできません.一度偏差値50を取ってしまったことで,脳はハードルの高さを実感し,目標を自ら下げようとします.

そして,「がんばれば偏差値70を取れる勉強法」と「がんばらなくても偏差値55を取れる勉強法」を天秤にかけ,「どっちも"勝てる"ならがんばらなくても偏差値55取れるほうを選ぼう」と思ってしまい,二度と偏差値70へと戻れなくなってしまうのです.

すこしでも高見を目指したい,そういう人は,致命的上限を高く持つ必要があります.

おバカに囲まれれば致命的下限は下がるし,賢い人に囲まれると致命的下限は上がります.

気の持ちよう次第でも少し上方修正したりできます.


今のあなたの目標は,本当の目標でしょうか?こころのどこかで妥協していませんか?

屈さぬ気力と正確な判断力を持って,残りの人生に挑みましょう.

トオルンのブログ

日常生活から趣味はぷよぷよやら音楽小説数学情報論理にポエムやお絵かきそして大会や太鼓などの音ゲーと、 もはやジャンルというものが存在しないブログです

0コメント

  • 1000 / 1000