「二股・浮気」は実はセーフ!?



「人の喜びこそ我が喜び」と言う友達がおりまして、その人にきいた

「罪との比較」についてお話したいと思います。


シチュエーションは簡単です。二人から同時に告白されて、どうするか、というもの。

この二人はもちろん等価で、どっちかを切って悲しませるか、両方切って悲しませるかというとんでもない問題なのですが、

案の定コンピュータに最適解を求めさせると「二股をしろ」という結論が導きだされます。

そう、友人曰く、「二人を喜ばせるためには、二股をせざるを得ない状況もあるのではないか」というのが友人の出した命題です。これが正しいかどうか、検証していきます。

もし正しいのであれば、「浮気した、二股してた、こいつはサイテーだ!!!」とすぐに

言えなくなりますし、ニュースなどで問題になっている二股が、悪に直結しなくなります

浮気性の男性や彼氏をキープしておきたい女性にとっては朗報ですね。

さて真相のほどは・・・・・?



ここで、二人がOKをもらった時の喜びをXとします。二人とも同じです。

二人が一方の二股を知った時の喜び(悲しみなのでマイナスの数値)を-Yとします。

二人とも同じです。X > 0 , Y > 0(-Y < 0) です。

そして、二股がバレる確率をf(t)とします。f(t)は時間に関わる関数で、

もちろん時間が経てば経つほど二股はバレやすくなります。


t年後の結果は、g(t) = X(1-f(t)) - Yf(t) = X - (X+Y)f(t) となります。

これは、仮にf(t)が一定であっても「切片X、傾き-(X+Y)の線形グラフ」ですね。

f(t)はどんどん増加するので実際はもっとひどいです。ここでf(t)を

確率pと回数kに関わるベルヌーイ試行と考えてみます。バレる確率は

バレない確率(k回すべてで(1-p)を引く)を1から引いて考えて、

f(t) = 1 -  (1-p)^k

こうなると、

g(t) = X - (X+Y)f(t) = X - (X+Y)(1 - (1-p)^k) = -Y + (X+Y)(1-p)^k

X,Y,pはすべて定数、さらに0 < p < 1なので0 < 1-p < 1,つまり、

この日数kをどんどん大きくしていくと、いずれは-Yへと収束します


そうなんです・・・・二股をすると、その相手の喜びの期待値は

負の数になってしまんです・・・


二股がいかに良くないことであるか、分かって頂けましたか・・・?

いずれはバレてしまう、別れてしまう、相手のことを思うなら、二股はすべきでは

ないのです・・・・


つまり、二股してるやつは相手のことなんかどうでもいいってことですね!!!

すごく分かりやすい!!この情報が得られただけで今回の議論は有意義でした。



・・・・ああ疲れた、ではまた次回・・・




トオルンのブログ

日常生活から趣味はぷよぷよやら音楽小説数学情報論理にポエムやお絵かきそして大会や太鼓などの音ゲーと、 もはやジャンルというものが存在しないブログです

0コメント

  • 1000 / 1000