傘を忘れたら潔く濡れて帰れ


雨が降っています。あいにくあなたは傘を持っていません。

こんなとき、どうすればいいでしょうか。


濡れる覚悟があるのなら、濡れて帰るのがベストです。

執行だと思って、風邪でも引きながらゆっくり帰ってください。


雨の日には、走って帰る人や、自転車をぶっ飛ばして帰る人が多いです。

なにが言いたいかと言うと、事故が多発します。

しかしながら、徒歩帰りでの事故は、あまりありません。なぜでしょう?


雨の日、傘を忘れてしまった時に、急いで帰って、なんとかあまり濡れずに

帰れたとしましょう。このとき、次に傘を忘れる確率は、わずかに減少します。


雨の日、傘を忘れてしまった時に、歩いて帰って、びっしゃくれになって

帰ったとしましょう。次に傘を忘れる確率は、かなり減少します。


雨の日、傘を忘れてしまった時に、歩いて帰って、びっしゃくれになって

風邪まで引いたとしましょう。次に傘を忘れることは、ほとんどないでしょう。


人間というのは、記憶を持ちます。なにかしてしまった時に、

自分がどれだけ災難を受けたかを覚えて、無意識のうちにそこに

注意をはらうものです。


しかしながら、人間の記憶は時間制限があります。よっぽど大事なことでもなければ、

なかなか記憶に残ることもないでしょう。


自分は忘れものがひどく、宿題や買い出しくらいならよいのですが、

晴れの日に折り畳み傘をなくしたり、足にチェーンまでつけても傘を忘れて

かえってしまったりと、本当に記憶障害です。足は血だらけでした。


そこで、自分も試してみたんです。

雨の日、傘を忘れてしまった時、歩いて帰って、びっしゃくれになって

帰ってみたんです。






雨の日が楽しくなってしまいました・・・


ああ・・・これでは何の解決にもなっていない・・・

ま、あいいや、ではまた次回・・・

トオルンのブログ

日常生活から趣味はぷよぷよやら音楽小説数学情報論理にポエムやお絵かきそして大会や太鼓などの音ゲーと、 もはやジャンルというものが存在しないブログです

0コメント

  • 1000 / 1000