将棋の穴をつくルール

こんばんは。今日は「将棋」について話したいと思います。

といっても、戦術がどうこうの話ではなく、今日発生した「特殊勝利」についてです。


将棋のルールの上での勝利というのは、「相手プレイヤーを王手しており、かつその王手を避ける方法がひとつも存在しない場合」と定義されています。


しかしながら、王手していないにも関わらず、詰みとなるケースが存在します。


ケース1:相手が持ち駒を持っておらず、

   玉が移動できる場所がなく、

   玉以外の残りの駒が

玉と≪角・香車・飛車≫の間駒になっている場合


この状態ですね。

玉は、動けば取られてしまいます。

金と銀は、角と飛車、香車を止めているので、動けば玉が取られてしまいます。

持ち駒も持っていません。

そうです、何をしても王手を浴びてしまうのです。

なので、何も動かせず、こういう場合に将棋では

受け側(なにも動かせない側)を負けとするのが一般的

です。


しかしながら、このルールを活用していくと、とんでもない結果が導けてしまいます。



ケース2:なにも動かせないとき

見てください。上手側はすべての駒を剥ぎとり、相手を王以外全滅させました。

しかしながら、何も動かせません。


・・・え??


びっくりしてしまうかもしれませんが、本当に何も動かせません。

そう、駒を全部取られたにも関わらず、この王のみで相手を詰ますことに成功したのです。


この場合、将棋ソフトにもよりますが、「なにも動かせないほうの負け」となります。


がんばって相手の駒を全部はがしたにも関わらず、負けちゃった・・・



こういった将棋の例外というものは、実践ではまず出現しないため、甘く見られがちです。

しかしながら、こういったルールの穴があるというのは、まさにボードゲームとしては致命的と言わざるを得ません。しっかり「~が負け」という定義をしてほしいものですね。


それではまた!


トオルンのブログ

日常生活から趣味はぷよぷよやら音楽小説数学情報論理にポエムやお絵かきそして大会や太鼓などの音ゲーと、 もはやジャンルというものが存在しないブログです

0コメント

  • 1000 / 1000