世界5分前仮説

こんばんは。今日は、「世界5分前仮説」について語って行きたいと思います。


みなさん、証明は得意ですか?中学校の授業でも合同の証明とか、高校なら数学的帰納法の証明とか、いろいろやったと思います。証明は便利で、それが正しい、あるいは間違っているということを、知識あるすべての人に知ってもらうことができます。


しかしながら、世の中には証明が難しい命題があります。

それがこの、世界5分前仮説です。

あなたは、「世界が5分前に突如始まったのではないか」と言われたら、どう思いますか?

「いやいや、僕は5分前の記憶を持っているよ。」

そう言っても、実はこれが証明にならないのです。

あなたのその「5分前の記憶」は、本当に5分前の事実ですか?偽の記憶を植え付けられて

いませんか?と、聞き返されます。

「いやいや、僕は5分前に友達と会話していたんだ、友達に聞けばわかるさ。」

これも反証になりません。あなたとその事実に関わるすべての人が、偽の記憶を持って5分雨に生まれた、という仮説を否定することができないからです。

私たちが持っている情報・知識というのは、データであり、復元不可能です。

復元不可能な結果から「踏んだ手順」を証明することはできません。


サイコロで6を出したら次は6マス先に止まる、ということは証明できますが、

6マス先に止まっているのでさっきはサイコロで6が出た、と証明することはできません。


「さっき録音したからCDがある」ということは証明できますが、

このCDがあるという事実から「さっき録音した」、を証明することはできません。


この5分前仮説に対して唯一反例を挙げる方法があるとすれば、それは過去の存在を現在から証明すること、すなわち、復元可能な過去の存在に当たります。


復元可能な過去というのは、その結果にたどり着く過程が一つしかないということにほかなりません。そして、記憶Aがあるという事実は、

「事象Aが実際に起きた」「事象Aが起きたという記憶をうえつけられた」の2通り存在するので、記憶から過去を証明することができないのです。


そしてなにより恐ろしいことは、この5分前仮説を「n秒前仮説」と考え直した場合に、

nを限りなく0に近づけた場合でも否定できないという極限性にあります。

そうです、私たちは0.1秒前に起こった事実さえも、証明する方法を持っていないのです。


ああ知識とはなんなのか、記憶とはなんなのか。

この世の真理にたどり着きそうな話題でした。面白いです。

しっかし、こんなおバカな発想、いったい誰が思いついたんでしょうねえ・・・!?


それではまた~~

トオルンのブログ

日常生活から趣味はぷよぷよやら音楽小説数学情報論理にポエムやお絵かきそして大会や太鼓などの音ゲーと、 もはやジャンルというものが存在しないブログです

1コメント

  • 1000 / 1000

  • Hajime

    2016.05.15 04:10

    常に「ε秒前の世界が続いている」「ε秒前に世界が辻褄合わせて改変された」 のどちらかが起こってて、それらのどちらかが起こっていることを 「(広義的に)世界はε秒前から続いている」と定義してしまってよいのでは なぜなら世界の始まりに興味があるのは人間で、その人間は誰一人として二者の違いを区別できないのだから