九蓮宝燈を和了ってみた

こんばんは。今日のブログのお題は「九蓮宝燈」です。麻雀ですね。

というわけで、さっそくこの役について語っていきたいと思います。


まず、この「九蓮宝燈」という役なんですが、その難易度は

天和や四槓子の次手とも呼ばれるほどに難しいとされています。


なにしろ、アガリの形は3通りしかありません。その3通りというのも

ワンズ、ピンズ、ソウズのどれでそろえる、かというわずかな違いです。

実質1通りしかないのです。


その難しさ故に、「和了してしまったら運を使い果たし、死んでしまう。

和了してしまったからには雀牌はすべて焼いてしまえ」というほど。


おそろしい・・・・

まあでも体感難易度的には、サイコロ10個振って全部6が出るくらいには難しいと思います。実践で狙うのはマジで絶望的です。


まあ詳しいことは調べりゃいっぱい出てくるので こっち のほうで見てください(笑)



とりあえず、ここまでブログに書くからには一回和了ってみたいですよね。

というわけで、アガってみました。



いや~、CPU戦ならもう10回は上がってるんですけどね、

そろそろ対人でもアガってみたいですね。


それではまた!

トオルンのブログ

日常生活から趣味はぷよぷよやら音楽小説数学情報論理にポエムやお絵かきそして大会や太鼓などの音ゲーと、 もはやジャンルというものが存在しないブログです

0コメント

  • 1000 / 1000