線の引き方

僕はよく定規を筆箱に入れています。定規があると、非常に楽です。線なんてフリーハンドで書けばいいやみたいな人が多いと思いますが、どんなに適当な線でも、やはり定規で書くとすっごいきれいに見えます。

フリーハンドの線は、ほかの他人が見ると汚く見えるもんです。信用ならんといいますか、やる気がなさそうに見えるというか、あとからノートを見返すときにも、非常に気分が悪くなってしまうんですね。線の形というのは、それくらい重要なもんだと思うんです。だからこそ、定規を常日頃から使うことは大切だと思います。


なんていうか、私たち、いろんなところに線を引きますからね。線を引くのはなんでやろうってずっと思ってましたけど、線を引くっていうのは、ある意味で「自分に取って、望ましいものを選択する」ためにやるものだと思います。別に直線じゃなくていいんです。いろいろ考えた結果、こういうぐにゃぐにゃな線になりました~~って感じでも、いいんです。丁寧に線を引くのではなく、納得のいく線を引くことが、大切なんですよね。


昔の僕は、こんな経験がありました。中学校時代の試験時間に、余った時間で暇だな~と思って、フリーハンドでモンスターをすみっこに書いて、遊ぶわけです。楽しくなって、下にHPゲージとか書いて試験時間中に遊びだすんですけど、HPゲージを定規を使って丁寧に描いたんですね。するとですよ、途端にやる気がなくなったというか、HPゲージが丁寧なのにモンスターが下手すぎるというか、ちょっと悲しくなって、遊ぶというモチベーションが破壊されてしまったんですね。

そう、線を引くときに大切なのは、「周囲のことを考えて線を引く」ことです。頑張ってノートに普段よりきれいな文字を書いているんだったら、それに合わせて図もきれいにするべきだし、ちょろっとノートのすみっこに殴り書きで書くような図であれば、それはいちいち定規を使わずに、フリーハンドで書いてやればいいんです。周囲に配慮した線引きが重要なんですね。注釈がキレイな文字で書かれてるから、お前もそれなりの図になってね~~、みたいな?

僕は、「どうすればノートをきれいにできるか」ということを考え、"自分に望ましいノート"を目指して、線を引きました。


そんでしばらくして高校生、ノートの文字をきれいに書くようになって、定規を使って丁寧に書くようになるんですね。そしたらですよ、ネットで可愛いキャラクターの画像を見つけて、うわ~可愛い、書いてみたいな~~って思って、紙とペンを持ってくるわけです。

そこで、ペンより先に、定規を持っちゃったんですよ。「いやお前定規で可愛いキャラ描けると思ってるんかい!?」って、今の自分だったら聞いてると思うんですが、当時の僕は本当になんも絵のこと分かってないって言うか、まず顔の輪郭描くのにすら定規がいると思ってたんですね。

そう、線を引くときに必要なのは、「目的に合わせて線を引く」ことです。絵を描くときに必要なのは直線ではなく、曲線です。定規は要らないんです。まあ三角定規とか使う人もいるかもしれませんが、直線という概念にとらわれてはいけないのです。ぐちゃっとした線でもいいし、なんどかフリーハンドで書いて、よかったなって思うものを選択してもいい。まっすぐで完璧な線引きではなく、納得のいく線を書きたいのです。見る人が、納得する線が必要なんですね。「ああ、この線なら可愛さ伝わるわ」「ああ、この線なら分かりやすいわ」みたいな?

僕は、「どうすれば絵をきれいにできるか」ということを考え、"自分に望ましい絵"を描くために、線を引きました。


そんでしばらくして、大学に入って、いろいろやることが増えるわけです。見る人が納得できるような線を目指して、絵に対して日々努力を重ねていきました。ところがですね、全然絵が上達しないんです。キャラクターを描いてもポーズが毎回右向きになってしまうし、窓ガラスを描いても壁から浮いているように感じてしまう・・・面白いでしょう?窓を描いているのに、自分は窓の前にいるのか、後ろにいるのかもわからなくなってしまうんです。なんでだろうと、思ったんです。

絵が全然描けないな~と思って、僕はだらけて机に頭を倒しました。その時です、僕、横から絵を見たんですよ。そして思ったんです。「斜めから窓を描けば、ちゃんと壁にくっついてるように描けないかな」と。

そう、線を引くときに必要なのは、「自分の立ち位置を知ること」です。線を引くうえで、それはどこから見た線なのか。そして、その線を引くことで自分はどのように分けられるのか、それを知る必要があります。窓、つまり、「」という線を書くことによって、自分は壁の前にいくのか後ろにいくのか、それを考えながら線を引く必要があったんです。

「ここに線を書いたらこのキャラは壁の前にいける、でも、植木鉢まで壁の前に来ちゃうな~~」とか、「ここに線を引いたらこの人は内側に入るけど、自分が外側にいっちゃうな~~」とか。

僕は、「どうすれば位置をきれいにできるか」ということを考え、"自分に望ましい位置"を実現するために、線を引きました。


そして、ここで決断のときです。

あなたの引く線は、周囲に配慮しているでしょうか?

周りの人が引いている線を見て、なにか思うことはないでしょうか?

あなたの引く線は、目的に合っているでしょうか?

その線を見て、ちゃんと思い通りの区別ができているでしょうか?

あなたの引く線は、自分の立ち位置が合っているでしょうか?

線を引いた後で、線を見直していると、自分の立ち位置は辻褄が合っているでしょうか?


なんていうか、私たち、いろんなところに線を引きますからね。線を引くのはなんでやろうってずっと思ってましたけど、線を引くっていうのは、ある意味で「自分に取って、望ましいものを選択する」ためにやるものだと思います。別に直線じゃなくていいんです。いろいろ考えた結果、こういうぐにゃぐにゃな線になりました~~って感じでも、いいんです。丁寧に線を引くのではなく、納得のいく線を引くことが、大切なんですよね。



私は今でも、線を引くのが苦手です。

トオルンのブログ

日常生活から趣味はぷよぷよやら音楽小説数学情報論理にポエムやお絵かきそして大会や太鼓などの音ゲーと、 もはやジャンルというものが存在しないブログです

0コメント

  • 1000 / 1000