後でできる?

やりたいことは,何年も経てばやりたいことではなくなる.つまり,「やりたいこと」というものは存在せず,それは「今やりたいこと」なのだ.

忙しい世界の中で,「今やりたいこと」「今やらなきゃいけないこと」がある.そして私たちが忙しすぎる時,「今やらなきゃいけないこと」をやる.すると,「今やりたいこと」は,もうやりたいことではなくなってしまうのだ.

私たちの欲求というものは,「今」に制圧されている.「今やりたいこと」「今ほしいもの」「今してもらえるとうれしいこと」・・・・欲求だけではない.「今ならできること」「今しかできないこと」「今は捨てられない思い出」「今となっては価値のない思い出」・・・.


(1) 「やりたい」かどうか が変わる

何年も前に遊んでいたカードゲーム,気が付くともう楽しくなかったりする.酒のんでべろんべろんになって帰ってくる親を見て,すごく酒のことが嫌いだったのに,酒が飲める年になると急に酒が飲みたくなったりする.たばこは体に悪いから吸わないといっておきながら,突如として吸いたくなる時が来る.小学校の頃は進んで手を挙げて答えていた自分が,気が付くと授業をまったく聞きたくないと思うようになっている.

昔ポケモンをやって,なかなか楽しめなかったとしよう.いい歳してまたポケモンなんか・・・と思っていたのに,気が付くとポケモンに手が伸びることもある.そしてなぜか,すごく楽しいと思えるようになることもある.お参りに行くと坊さんから話を聞かされ,まったく聞く気にならなかったのに,家に帰ると坊さんの話が気になって仕方がないこともある.誕生日ケーキなんて,ケーキ買わなくてもいいじゃんと思い予約をしない.そして,いざ当日にケーキがないと悲しがる自分がいることもある.


(2) 「やりたい」の度合い が変わる


何年も前に遊んでいたファミコン,昔はとても楽しかった.今やってもまだ楽しいでも,あんまり楽しめていない.気が付くと,時間が無駄なんじゃないか,そんな考えが頭をよぎる.

酒がとても嫌いだとする.嫌な思い出があって,とても酒が嫌いだ.今ももちろん嫌いだが,嫌な思い出ははるか昔のもので,あれほどの強い嫌悪感は抱かない.酒嫌いよりは,友達を優先している自分がいる.

僕は作曲が好きだ.小学校のころからピアノでいろいろ作っては試行錯誤を繰り返していたことを,いつも自慢している.今ももちろん作曲は好きだ.では,昔のように試行錯誤をしているかというと,はっきりと「イエス」と言える努力はできていない.昔の自分なら,論文なんてそっちのけでピアノを触っているはずだ.

ソシャゲも結構やった.クラロワもシャドバもメルストも,かなり楽しんだ.みんな課金した.楽しかった思い出は残っている.ランキングにも乗ったりした.きっと今からもう一度やれば,またいい順位を取ったり,チーム戦で勝ったりできるだろう.では,今,もう一回やりたいかと言われると,とてもそんな気は起きない.もちろん,やったら楽しいと思う.勝てると思う.時間も無駄ではないと思う.スマホの中に,アプリを消さずに置いているにも関わらず,なぜか,開こうとは思わない.


(3) 「やりたい」の目的 が変わる


ブログを書いている.ブログを書き始めた時,友達がブログを書いていて,どっちが長く続けられるか勝負しよう,みたいな流れだった.ブログを長いこと書いている人もうらやましかった.ピクミンの世界にも,何年と休まず毎日ブログを書いている人がいる.そういう人たちを見て,「誰も見なくてもいいから,ブログを始めて,続けてみたい」と思うようになった.今となっては,その友達はブログをやっていない.そして私は,ブログの内容を気にするようになっている.そして,毎日ブログを書くことではなく,「自分が後で読み直したいこと」を優先して書くようになった.そう,「見たときに,価値のあるブログにしたい」と思うようになった.

絵を描きたいと思い,絵を描いた.最初は,抽象的な絵が好きだった.かわいい子も描きたかったけれど,まず背景とか描けるようになりたくて,図形や色を中心に模索をしていた.心の中では,写真が最終目標だった.で,今は,なぜか背景なんて忘れて,可愛い子を描こうと必死になっている.可愛い子が描きたい.目や物理的配置など,とにかく2次元らしさ,絵らしさを中心に模索をしはじめた.心の中では,アニメが最終目標になった.


このように,やりたいことは,「やりたいかどうか」「どのくらいやりたいか」「なぜやりたいか」を中心に,どんどん変化する.

今やりたいものを今やらなければ,今後一生「やりたい」と思えなくなることもある.

今やりたいものを今やらなければ,今この時ほど「やりたい」と思えなくなることもある.

今やりたいものを今やらなければ,今の目的で「やりたい」と思えなくなることもある.


そして,「やらなきゃいけないこと」があるという理由から,私たちはそのチャンスを逃し,

幾度となく「やりたい」を我慢してきた.その「やりたい」はもう帰ってこない.


きみに今,「やりたい」ことがあるか?

「やるべき」ことがあるか?

「やるべき」ことがあったらできないのか?

「やるべき」ことがあったらできないと思っていないか?


もはや "やりたい" だけではない,あらゆる感情や行動すべてに言えることだ.

「後でできること」など,"ない" に等しい

「後でやろう」と思っても,同じ気持ちで,同じことができる確証はない


今このゲームにハマってる,今はステーキが食べたい,今は静かにしてほしい,今はちょっと調子がのらない,今なら告白できる,今なら許される,今なら自慢できる,今この動画が見たい,今掃除がしたい,今この本が読みたい,今この靴は履きたくない,今学校に行きたくない・・・・



今,この瞬間ほど,このブログの「」の数が気になるときはないだろう.

数年後に自分がこのブログを見れば,きっと数えるに違いない.

そしてその5分後に,「ああ,数えるのは時間の無駄だった」と,言うに違いない.



そう考えていると,

今が楽しい

トオルンのブログ

日常生活から趣味はぷよぷよやら音楽小説数学情報論理にポエムやお絵かきそして大会や太鼓などの音ゲーと、 もはやジャンルというものが存在しないブログです

0コメント

  • 1000 / 1000