呪文が使えるようになりました

魔術ってかっこいいと思います.望みをかなえる呪文を発見し,それを詠唱することで,自分にとって望ましい結果を生み出す行為のことです.ですが,科学的には魔術は否定されており,魔術師というものは存在しないといわれてしまっています.

また,30歳まで貞操を貫きますと,魔術師となることも知られていますが,これもまた定かではありません.私は今年で9万8022歳になりますが,魔術は使えず,必殺技くらいしか使えません.

このように,魔術師というのはいないものだと思われているのですが,私の友人には魔術師がおり,先日,実際に我が家にて呪文を詠唱してくださいました


やはり,世の中には科学によって否定されていても,実際にやってみせるやろうがいるもんです.マジックなんかもそうなんですが,科学は正直アテになりません.

魔法を信じて,本当によかったと思います,皆さんとお会いしたときには,この魔術を教えてあげたいです.

また,その人に教えていただき,私も呪文を詠唱することができるようになりました

もうこれで思いのままですよ・・・!嬉しくてうれしくてたまらんです.やはり持つものは友達ですね!


とまあ,ここまでの話から少しずれてしまいますが,「魔術」「魔法」「呪文」というものは生み出すというよりは受け継ぐものだと思います.おそらくですが,発見するものではありません.ここが,科学との大きな違いだと思います.

こういった意味合いで言えば,「日本語」というものもある意味で「呪文」であるかもしれません.意思疎通ができるようになる「魔法」,みたいな感じですかね.

こうやって私たちはブログを読んだり,書いたりすることができるわけですし.

魔法というものも,きっとしっかり調べてみれば理屈があると思います.

科学者たちは,魔法と言えばすぐ「物理の法則が乱れる」だのなんだの言いますけど,

魔法全部がそんなわけないじゃないですか.きっと,私たちの解明していないルールがあるだけです.

ワープ魔法(ルーラなど),蘇生魔法(ザオリクなど),科学的魔法(メラ・ギラなど),

どれも非現実的とは言われますが,もし現世で普及したら,便利でしょうね.

今から100年もすれば・・・・きっと小学校でメラを学ぶ日が来ると思います.

いつかそんな時期がきたら,学校のダンブルドアポジションに立ちたいなあ.



そうそう,そういえば私が使えるようになった呪文のこと,話してなかったですね.

えっと,「ふっかつのじゅもん」って言うんですけど・・・・



トオルンのブログ

日常生活から趣味はぷよぷよやら音楽小説数学情報論理にポエムやお絵かきそして大会や太鼓などの音ゲーと、 もはやジャンルというものが存在しないブログです

0コメント

  • 1000 / 1000