なくしものを探す

家の鍵がどこにいったか分からず、3分ほど探してようやく見つけました。もともとアドベンチャーゲームは非常に苦手で、見落としが多く、ソニックアドベンチャー2バトルではチャオを探すのがだいたいクラスで2番目に下手でした。逆にいうともっと下手な人はいましたが・・・


最初、家のカギがない!ってなったとき、人間は必ず全経路探査をします。思いつく可能性を、時系列順に探索する方法で、正しく行えば鍵は必ずといっていいほど見つかります。


まず、鍵を家に持ち帰っている(まず家のカギが開けられるはず)ので、鍵が「玄関にある or 持ち歩いている」と仮定して、玄関を調べました。この時点では、靴箱などは調べず、靴箱の上のみを調べました。

次に、洗面所で手を洗った記憶があったので、「洗面所にある or 持ち歩いている」と仮定して、洗面所を調べました。「洗面所にある」を仮定した上で、次は「床に落ちた  or まだ卓上にある」に分解し、床と卓上を調べました。いやーアドベンチャーらしさがありますね。

次に、かばんがあったので「手に持っている or かばんにある」のふたつに分け・・・

最終的には、「手に持っていて、卓上におき、ベッドに移動させ、そこからベッドの下に落ちていた」が正解でした。いやーこういう時に思考が働くと、探し物も速く見つかっていいですね。

このような分岐をつかって、経路別に可能性を探索していく方法は非常に効果的です。


今回は幅優先探索でものを探しました。

幅優先探索とは「かばんを探して見つからなければ机上を探す」というようなもので、

深さ優先探索というのは「かばんを探して見つからなければ内ポケットを探す」というような感じです。探し物には、基本的に幅優先探索が適しています。


人間はけっこう物探しが適当なので、同じところを何回も探したり、行ってもないようなところを探します。そんなに深さ優先探索をしなくても、理論を立てて挑めば一瞬なんです!すてきですね!

さあみんなもドンドンものをなくしましょう!


・・・・とまあ、そういう自分も、つい最近までブログのパスワードを忘れていたのですが、

さすがに幅優先探索では見つからなかったですね・・・・

忘れものには、気をつけましょう・・・



トオルンのブログ

日常生活から趣味はぷよぷよやら音楽小説数学情報論理にポエムやお絵かきそして大会や太鼓などの音ゲーと、 もはやジャンルというものが存在しないブログです

0コメント

  • 1000 / 1000