漢字文字の難しさ

なにか思いを漢字にする・・・そういうテーマが最近こころの中で流行っています。

実際に僕が作った1文字や、その例にあたる文字が、こちらになります。


すごいですよね。こう、違和感がなく文字になっているというか、自分としても渾身の出来であると感じました。しかし、これにフォロワーの皆さまが挑戦して、大きく失敗している例がおおいです。

今日は、このような漢字を作るための方法についてお教えします。



「無理な言葉」がある

「ダルイ」「ムズイ」などの形容詞は基本的に無理です。「イ」というのは文頭にあればにんべんを当てることができますが、文末にあると困ります。これを忘れてはいけません。

先頭が「イ(にんべん)」「サ(くさかんむり)」「ハ(ヤネ系全般)」「ウ(うかんむり)」「ワ(わかんむり)」「フ(冠系全般)」「シ(さんずい)」「ン(にすい)」「ネ(しめすへん)」「オ(てへん)」などだと作りやすいです。

「エ」「ヒ」「ロ」などは単体で使えるのでどこに会っても作りやすく、便利です。

逆に末尾に適しているのは「キ」「ト」「ホ」「リ」「モ」「マ」「ム」「ア」などに当たります。

「ロ」「ハ」などは単体で使えるので終わりにも強いです。


逆に無理な文字、というのは

文頭で言えば「ケ単体(複数ならたけかんむり)」「キ(てへんで代用は好ましくないため)」「ヲ」「ラ」などが挙げられ、末尾では「イ」「ク」「ケ」「タ」「チ」「メ」「ヤ」などが挙げられます。難しい、ですね。


濁点を避ける

濁点は極力さけましょう。積極的に使用できるのは「バ」「ジ」「ポ」などで、「ゲ」などはもう再現すら難しいです。初心者のうちは、できるだけ簡単な文字を使いながら、実践してみるのがいいと思います。ちいさい「っ」も同様です。

逆に、「のばし棒」などは率先して使っても差し支えありません。


参考にする漢字を見つける

初心者のうちは、参考にする漢字を見つけるといいです。

たとえば「イカ」なら、「体」「功」という字から左右を取ってくれば作れます。

「ヒマ」を作りたければ、「疑」の上にもう乗っています。

「タ」「ル」などは例も多くあり、
「ハ」「ニ」「ム」の三つから「会」の文字を作ることも、

「コ」「ー」「キ」の三つから「律」の右側部分を作ることもできます。

前例があると、なかなか心強いです。



さて、それではこの法則にのっとり、簡単なものを作成しましょう、練習問題です!

きっとうまくできれば学校でも明日から話題の人物になれますよ!



(1) 「免」を参考にして、「クロール(クロール)」を漢字にしてみましょう。

(2) 「律」を参考にして、「ヒコーキ(飛行機)」を漢字にしてみましょう。


(3) 「サ」をくさかんむりと仮定して、「サムス(サムス)」を漢字にしてみましょう。

(4) 「ウ」をうかんむりと仮定して、「ウカル(受かる)」を漢字にしてみましょう。



(5)  あなたの力で、「ユメ(夢)」を漢字にしてみましょう。






採点?それは、あなたができたと言えば、もちろん100点です。

思いに正解なんて、ないですよ!


トオルンのブログ

日常生活から趣味はぷよぷよやら音楽小説数学情報論理にポエムやお絵かきそして大会や太鼓などの音ゲーと、 もはやジャンルというものが存在しないブログです

0コメント

  • 1000 / 1000