麻雀の「槓」

昨日と一昨日で麻雀をしました。全部で4+7半荘、まあまあ1位を取れてうれしかったのですが、「槓しすぎ」と言われました。実は太鼓さん次郎のメンバーと麻雀をする機会もあるのですが、そこでも昔は「槓」ばかりしていまして、ついには「大明槓禁止チャット」なるものが生まれてしまう始末、そのくらい、僕は「槓」をしていました。


僕が槓に目覚めたのは麻雀を初めて半年くらい経った頃でした。当時はやっと牌効率をしっかり考えられるようになって、さあオリの勉強だと思っていた矢先だったのですが、そのオリとは反対に、槓に目覚めていきました。自分は昔から刻子をそろえるのが好きで、オリの方法を考えるときには「自分が刻子を持っているからここの待ちは可能性が低い」という感じでオリを考えるようになっていたのですが、その4枚目がでると(あと3巡は自分がそれを切るだけで降りられるのに)槓をしたいと、そういう気持ちが湧いてきました。あの頃は、あれを切れば降りられる、でもそんな脳死したプレイをするよりは、もっと考えて自分の捨て牌を決めたい、という思いがありました。考えることをやめたら、それは麻雀以前に俺が人間として終わってるんです。「これをすれば必ず勝ち、必ず負け」そんなものに縛られたくなかったことが、槓というものにありました。

そして、最近になってまた槓にハマった理由としては、俺自身がぷよ9連の一員であることが挙げられます。ぷよぷよをしている身として、ちゃんと「4つつなげて(順子の可能性を)消す」、ということがいかに重要であるか、そして、その順子の可能性を消すことでそれが他のベタオリプレイヤーにとってどのくらい効果的であるかなどを考慮し、その上でまた「槓をすることが、俺の存在証明になり得る」と思ったのです。

槓は俺の生きがいです。34445と持っている状態で4が出ても槓をします。これはプレイングが下手だとか麻雀を舐めてるとか、そういうのじゃないんです。もう槓するというのは、俺にとって息をするも同然。槓というルールが麻雀からなくなれば、俺は麻雀をやめるでしょう。


俺の"槓"愛は、これからも一生続いていてほしいと、切に思います。

トオルンのブログ

日常生活から趣味はぷよぷよやら音楽小説数学情報論理にポエムやお絵かきそして大会や太鼓などの音ゲーと、 もはやジャンルというものが存在しないブログです

0コメント

  • 1000 / 1000