すべてが正しい世界

トランプさんが大統領になった後、日本メディアの捏造報道がすごく話題になっています。

日本のメディアにとって捏造報道をすることがどのくらい利益があることなのかは分かりませんが、同じ立場なら、きっと私でも捏造報道をしていることでしょう。

では、捏造報道のない、いわゆる「嘘のない真実のみの世界」というのは実現可能でしょうか?

今回はそんな完全な世界を作るために必要なものを定義していきましょう。


まず、嘘をつくということは、これにメリットがあります。この嘘xをつくことによって生まれるメリットをf(x)としましょう。そして、この嘘がばれる確率をp(x)とし、バレてしまった場合のデメリットをh(x)とします。(1-p(x))f(x)≧p(x)h(x)、つまり、f(x)/(f(x)+h(x))≦p(x)であるときに嘘をつくと考えられます。(デメリットは絶対値を取って考えています。)この場合、嘘をつくことによるデメリットとメリットの比が確率pよりも大きければ嘘をつく、ということになります。

つまり、「嘘のない真実のみの世界」を作るには∀x{f(x)/(f(x)+h(x))≧p(x)}である必要があります。

ではどのようにすればこれを0にできるでしょう?常にf(x)≧0ではありますが、いわゆる刑罰という方法によって、私たちはh(x)をとても大きくすることができます。h(x)が限りなく無限大であれば、私たちは嘘をつく必要がなくなります。でも考えてください。h(x)が最大の世界というのは、「たった一つの嘘で処刑される」というような世界のことです。それって本当にいいんでしょうか?

親に「宿題おわったの?」と聞かれ、終わっていないのに「終わった」と返しただけで死罪、

「このあとすぐ!」という番組の予告のあとアニメ「」がすぐ始まらなかったら降板、

ツンデレが「別にあんたのこと好きでやってるわけじゃないんだからね!」というだけで処刑・・・



そんな世界、本当にあっていいんでしょうか・・・・?


ここで私たちがもう一度考えるべきことは、「嘘のない真実のみの世界を構築するメリット」です。それがデメリットに勝てないのです。嘘のない世界を構築すれば完全が得られるかもしれませんが、嘘があるからこそ良い人間関係が築けている時、嘘があるからこそ好かれる人、というような理不尽なことがこの世の中にはたくさんあります。それはとても理不尽で、納得できず、それでも私たちにとって欠かせないものです。


嘘は人を豊かにします。嘘を見破るという要素を含むこの世界は嘘のない世界に比べて相対的にプレイングの幅が広いです。嘘の持つ無限の力・・・・


報道局でも国でもない、私たちにこそ、まさに「"嘘"を理解する力」が必要なのです。

トオルンのブログ

日常生活から趣味はぷよぷよやら音楽小説数学情報論理にポエムやお絵かきそして大会や太鼓などの音ゲーと、 もはやジャンルというものが存在しないブログです

0コメント

  • 1000 / 1000