タイトルを入力してください

最近、さまざまな対戦ゲームで「No name」「名前を入力してください」「プレイヤー1」などと当たることが増えました。彼らの一部はそれを意識的に実行していると考えられますが、それ以外のほとんどのプレイヤーは名前に対して「名前を設定する価値」を低く見積もっていると予想することができます。


みなさん名前は持っていますよね?番号なんかじゃない、れっきとした名前、それは日常生活でとても広く用いられ、自分を判別するための有力な情報です。しかしながら、ゲームにおいて、その名前というのはどれほどの価値を生むものでしょうか?例えばギルドやクラン・グループなどの集団で行動する要素が強いゲームであれば、名前には大きな価値がありますが、対戦することだけが目的のゲームとなってしまいますと、「名前で呼ばれる」という状況に遭遇しにくく、相対的に名前の持つ価値が薄くなってしまいます。


名前というのは大事です。時に同名の人と遭遇することもありますが、その時には話題にもなります。幼稚園のころから友達に呼ばれた名前、合格証書に書かれる名前、いじめのもとになる名前・・・良い悪いを問わず、名前は人生を左右します。ゲームも同じです。ゲームで使う名前はそのゲームのシナリオを左右します。ゲームで知人の名前を面白半分で使っていれば、選択肢が出てきたときに「こいうならこっち選ぶだろうな」とか言うこともありますし、名前をいちいち呼んでくるNPCに対しての態度は大きく変わることでしょう。昔のゲームではそれが自分にしかかかわりのないことだったのですが、世界中のプレイヤーとリアルタイムな会話などが行えるようになってしまった今、名前の持つ価値はそれ以上に大きなものとなってきています。

Twitterの名前も例外ではありません。それが世界に染みていきます。僕もTwitter始めたころはそうでもなかったんですが、最近は"トオルン"で検索したら普通にgoogle検索で1ページ目に載ります。そのくらい染みついてきました。やはり何をするにも、それこそつぶやき1つでも、自分のなにかを実行した証として、名前は大切なものなのではないでしょうか。


ハンドルネーム、大事にしていますか?

それはあなたのうつし身であり、

同時にあなたを証明するための大切なものです。


大事にしてください。


トオルンのブログ

日常生活から趣味はぷよぷよやら音楽小説数学情報論理にポエムやお絵かきそして大会や太鼓などの音ゲーと、 もはやジャンルというものが存在しないブログです

0コメント

  • 1000 / 1000