ひとそれぞれの違う「赤」

赤色って分かりますよね。リンゴとか見れば、あっこれは赤いな、というのがわかると思います。

しかしここで気になることがあります、あなたは、赤色といえばこんな色、というのが分かっていると思いますが、それはみなに共通することなのでしょうか?


これは中学生の時にも思っていたことなのですが、仮に青色が赤く、赤色が青く見えてしまう障害をもったこどもが生まれてしまったとします。それは本当に障害なのでしょうか?ということです。

仮に赤色が青く見えたところで、「これは赤色だよ」と教われば、その子供にとっての赤色は青色です。その子はこれから先赤色を認識することができるので、周りからみてなにも障害はありません。仮に青色が赤く見えたところで、「これは青色だよ」と教われば、その子供にとっての青色は赤色です。その子はこれから先青色を認識することができるので、周りからみてなにも障害はありません。

言っている意味が伝わっているか心配ですが、なにが言いたいかというと「仮に目とか脳の一部を一新する技術が生まれたら、その一新した自分が見る景色は違うだろう」ということです。自分が見ている景色は、もしかすると自分独特の配色なのかもしれないということです。


「まぶしい黒」、「情熱の水色」、それは私たちからみると想像もつかないことで、

それはもしかすると他人が一般的に持っているものなのかもしれません。

しかしこれもまた、確かめる方法のない机上の空論というものです。

いやあ世の中には妄想でしか解決できないなぞが多すぎます!いきててつらい!

はっきり分かることなんて今自分が生きてるよってことくらいですよ(笑)

いっそ神に復帰したい、と思うこの頃でした・・・・


今日はこれが言いたかっただけ!それではまた次回!



トオルンのブログ

日常生活から趣味はぷよぷよやら音楽小説数学情報論理にポエムやお絵かきそして大会や太鼓などの音ゲーと、 もはやジャンルというものが存在しないブログです

0コメント

  • 1000 / 1000