最近思うのよ

自分は、知ることは良いことだと思っていますが、よく否定されます。

それも当たり前の話で、一度知ってしまうと面白くないこと(ゲームのストーリーなど)や、今リるべきではないこと(友達が誕生日パーティーを準備してくれていること)などが該当しているからです。

実は私も、そういうつまらない経験をして人生を台無しにしてしまった経験があります。

中学校の時でしたか、それこそ僕が、学校で一言たりとも人と喋れない池沼だったころの話ですね。

今でこそ気兼ねなく人と喋ったりうるさいやつだと言われたりしますが、昔はホントなにも喋れませんでした、いやもう国語で当てられたときに「何ページの何行目から読むんですか」の一言も聞けないくらい恐ろしいほどにしゃべれませんでした。

当時自分はシールが好きで、筆箱にシールを詰めては学校で下敷きとかに貼ったりして、お前女の子かよと言われていたのがいい思い出ですが、僕のこの性格はそこから始まったと言っても過言ではないでしょう。

そしてあの頃の僕の唯一の居場所として、放課後に、誰もいない音楽室にこもってピアノを弾いていました。合唱部という部活に入っていたのですが、終わってからも、自分が音楽室の鍵を掛けるからといって長いこと居座っていました。

まあそこで、たまたま長居していて、いざ鍵を職員室に返しに行こうと思ったところで、

たまたま僕の悪口を聞いてしまったんです。

まあ一番最初の「無口で何考えてるか分からない」っていうのは納得したんですけど、「よく考えると下敷きもダサい」っていうのにちょっとムカついて、こっそり裏で話を聞いていたんです。

内容はとても丁寧でした。体操服の右裏についている汚れのことを言っていたり、下駄箱の中が汚いだの言われたり、教科書に名前をひらがなで書いていることを笑われたりと、理由は多岐にわたりました。なんというか、悪口を言われていたはずなのにそのまま「ありがとう」と独り言のように言って、自分は帰りました。

そのまま帰って親に名前シールをもらい、全部名前を張り替えました。漢字で汚く書いて、

そいつに見せに行って、「漢字でかくとなんかカッコ悪いからひらがなで書いている」の旨を伝えたわけです。今思えばどうでもよかったことなのですが、あの日から、間違いなく彼らの接触態度は良くなりました。

下駄箱も掃除しました。学校の塵取りを拝借して、放課後帰る前に掃除するようにしました。

もうむしろ自分の下駄箱だけ色が明るく見えるくらいに水拭きしました。体操服も、新しいものを使い始めました。

なんていうか、見た目が綺麗になるとみんなが優しくなるんですよね、それも単純なキレイさ。僕はそのときそれを知って、シール張りもやめました。代わりに正方形シールを張って、

まるでパズルのように張り詰めた下敷きを作り始めました。いままで愚痴の当て場だった下敷きが、話の話題へと勝ち上がりました。

それからですよ、みんなが優しく話題を振ってくれるので、自然とこっちが話すことが増えて、

だんだん会話上手になっていきました。自分で言うのもなんですが、自分から話すこととか、日課書き忘れて帰ったときに聞いたりとか、もう当たり前のことが、当たり前にできるようになって、高校の時にはうるさい奴にまでなってしまいました。

あれから高校に入って、もっと変わりました。感情がない奴だと言われたときには涙を出す練習もしましたし(僕がたまにちっぽけなことで感動したりするのはそのせいです)、ジョークの言えない奴だと言われた時にはジョークの研究もしました(僕が時々テミス神とか信仰してるのはだいたいそのせいです)。ジョークが通じなくて、国語の先生と放課後に剣を交えたこともありました(これはホントの話です)「そうなんだ・ふーん」以外になにか言えないのか、と言われた時には話の盛り上げ方も勉強しました、アイスの棒でアタリが出た時の喜びだけで原稿用紙3枚の感想を書いたこともあります(二人で書きました)

でもこれだけ経っても、「その性格は治らないのか」「雷をどうしてそんなに怖がるのか」とかはさすがに治りようがありません(性格を直るものではなく変わるものです・雷が怖いかどうかはじっっ体験に及ぶものです)

あれ、おれなんの話をしてたっけ

・・・じゃなかった、まあちょっと話が逸れてしまいましたが、悪口もまた情報なりで、

耳を傾ければ必ずや己の知恵となりましょうということです。

人間だれしも基本のどっかが欠けてます、完璧な人はいないと思いますけど、

でもその欠けた部分って見られてると思うと恥ずかしくて、とりあえず

鍵の掛かった部屋を開けるには、鍵の在処を村人から聞けということです!

はいおしまい!なんかブログ書いててなにがいいたいのか分からなくなってきた!

もうここ最近ずっとこう!もうなんかこー意味不明な文章書いて

あーはいはいそうですねで片付きそーなてっきとーな文章見てて飽き飽きする!

だいたいさー最近物理的な観点とかから全然ブログ書いてねーじゃん

もう哲学だか心理的なとこバッカついてきてさ

人の心をつかみやすい話題を調べてこうも簡単にドツボにはまるなんて

俺も地に落ちたもんだねえ


・・・・です、おっと独り言を言ってしまったようだ、はいおしまい!また明日!

トオルンのブログ

日常生活から趣味はぷよぷよやら音楽小説数学情報論理にポエムやお絵かきそして大会や太鼓などの音ゲーと、 もはやジャンルというものが存在しないブログです

0コメント

  • 1000 / 1000