カードゲームの崩壊

「マジックザギャザリング」「遊戯王」「デュエルマスターズ」・・・・世の中には、たくさんのカードゲームがありますが、そのすべてに共通することは、インフレを持つということです。

物は無限に進化していき、過去を越えなければなりません。カードゲームでいうならば、過去のカードを越えられないのであれば、その新しいカードは存在意義を大きく失います。なので、インフレはもはや止められない要素なのです。


現在、「シャドウバース」というカードゲームが流行っています、このゲームもまた、崩壊への一歩を刻むことになると私は考えています。そもそも、ゲームというのはどのようにして崩壊していくのでしょうか?


・アドバンテージ獲得力

「カードを1枚ドローする」「○○にカードを1枚置く」「相手の○○を破壊する」など、アドバンテージ獲得能力というのはとても重要な要素になります。

例えば遊戯王でいうならば、カード1枚の存在価値はだいたい

除外<デッキ<墓地<手札<場となっています。

つまり「墓地から場に出す」は2段階のメリット、

「場から手札に戻す」は1段階のデメリットになると考えてもらって結構です。

しかしこれは一般的なカードに言えることであって、このルールを崩壊させるカードがたくさんあるのです。

遊戯王には「オネスト」というか―ドがあります。このカードは場に居てもあまり意味がなく、手札にあるときに効果を発揮するカードです。つまり先程述べた「場から手札に戻す」がメリットになります。このように、本来デメリットとなる効果がメリットとして活用される(シナジーを発揮する、と言います)ことが、カードゲームの崩壊の一歩を踏みます。

カードの枚数が増えれば、言うまでもありません、1枚のカードから100段階くらいのメリットが生まれることもあります。過去に「征竜」「インフェルニティ」など、恐ろしいほどにアドバンテージを獲得し続けるデッキがありました。遊戯王の崩壊は、ここから高速化していったと言ってもいいくらいです。

デュエルマスターズでは「アクアパトロール」というカードがありました。このカードは、簡単に言えば「5のデメリットを与えて、5のメリットを与える」カードです。このカードはそうでもありませんでしたが、この後に新しいカードが発売され、この「5のメリット」を無効にすることができるようになりました。そうです、この「アクアパトロール」は、「5のデメリットを与える」という最強のカードと化したのです。シナジーを発揮して、恐ろしいコンボが完成したのです。

カードゲームにおいて、シナジーは大切です。デメリットを上手く生かしたりしながら、自分がより優位に立てるようにデッキを組む、それも楽しみのひとつです。しかし、シナジーがあるという、たった一つの理由だけで、その先に生まれるすべてのカードがゲームを崩壊させる力を持っているのだ、ということは消して忘れてはいけません。


・オーバーファッティ

遊戯王では、レベル4というカードがたくさんあります。最初期のカードでは、レベル4で攻撃力1500とかいうカードがあったのですが、そののちレベル4で攻撃力1900のカードが登場し、そしてレベル4で攻撃力2000のカードが登場しました。これにより、過去のカードの価値は大きくさがりました。

「完全下位互換」と言って、ある程度の例外を除いて、明らかにカードのステータスや効果が劣っているものというのが、遊戯王には蔓延しています。過去にはプレシャスメモリーズというカードゲームでも、おそろしいほどのインフレがありました。これがオーバーファッティです。

シャドウバースでも、既に完全下位互換は存在していますが、ジャンル分けがされており、まだ一命は取り留めているというくらいです。


・メタ

これが、最も凶悪で、最も最悪の展開を巻き起こすインフレの要素です。

例えば最強のカードAが存在するとして、

「このカードを使うと、Aを使用できない」というカードBがあったとしましょう。

開発者はAを減らして、Bを入れる人が増えるだろうと感じるかもしれません。

実際は、AもBも入れたデッキが蔓延します。

そこで開発者はBの効果に「このカードはAと一緒に使えない」と加えました。

すると、Aと「Bに対策できるカード」を入れたデッキが流行りました。

そして開発者は「このままではBの意味がない」ということで、Bを強くして、

対策されないようにしました。するとどうでしょう?

気が付くと、Bが最強のカードとなってしまったんです。

対策のつもりで作ったカードが、弱ければ意味がなく、強ければさらに暴れる、

とんでもないカードとなってしまうんです。現状のシャドウバースは、この道を、

いまゆっくりと、たどりつつあります・・・・・


いかがでしょうか?私はカードゲームをまだ4種類くらいしかやったことがありませんが、

いままでインフレしなかったカードゲームは見たことがありません。そしてこれから、シャドウバースはどうなってしまうのか、この目で確かめていきたいと、思います。

では、また次回・・・・・・

トオルンのブログ

日常生活から趣味はぷよぷよやら音楽小説数学情報論理にポエムやお絵かきそして大会や太鼓などの音ゲーと、 もはやジャンルというものが存在しないブログです

0コメント

  • 1000 / 1000