1秒に10万年狂う時計

世の中には、「10万年に1秒しか狂わない時計」というのがあるそうだ。この文の表すところには、

「時計というのは狂いやすいものであるが、それでもここまで狂いにくい時計」という意味が込められていると考えられる。なにが言いたいかというと、下位互換として「1秒に10万年も狂う時計」というのが存在するのではないか、というのが今回の議論だ。


1秒に10万年狂う時計というのは、例えば西暦2000年に店で買って電池を入れて動かして店を出たころには遥か昔の「更新世」を指しているか、はたまた西暦500000年くらいを指しているかもしれない。しかし、ここには大きく誤解があるようだ。


まず一つに、かならず10万年以上狂うのか、最高で10万年狂うのか。

そして二つ、常に狂う方向は同じなのか。

そして最後に、それは何を基準に狂っているのか。


1・・・・・10万年も狂うと言っているのだから、おそらく10万年が限界と考えた方が良いと思う。

ここでいう「狂う」というのは、「最大でここまで誤差が発生する」ということだからだ。

2・・・・・つねに狂う方向が同じということはないと考えれる。誤差が生じて「しまう」のであるから、誤差の方向まで予測するのは不可能だろう。よって、毎秒±100000年の誤差である。

たった1年しか誤差が起こらないこともあれば、1秒で9万年狂うこともあるということだ。

3・・・・・これは一番大きい内容だ。なにが言いたいかと言うと、実は年というのは秒で表せないのだ。じゃあ君に問おう、1年は何秒だ?60×60×24×・・・そう、365か366か、確定していない

年と言うのは、「変化する値」なのだ。

そしてもう一つ、それは、年が地球の自転にも依存しているということだ。

地球の自転は、いずれは止まると考えられている。私たちがすごす「日」という概念も、長さは常に変化し続けているのだ。そこで考えてみてほしい。


いまの私たちが過ごしている世界の1秒の長さをtと置こう。

そして、地球の自転が限りなく止まった世界を考えてみてほしい。

例えば、1自転に86億4000万年、つまり、1秒が10万年になった世界だ。

1秒に10万年狂う時計は、その1秒に10万年かかるため、

理論上は10万年に10万年しか狂わない時計となる。

では10万で割ると、この時計は1秒に1秒しか狂わない時計となる。

これは素晴らしい。ということは、1自転に7464京9600兆年かかる世界を考えてみよう。

さっきと同じ原理で行くと、この時計は10万年に一秒しか狂わない時計になるはずだ。

ああすばらしい、1秒に10万年しか狂わない時計でも、自転がほとんど止まってしまった地球ならば、10万年に1秒しか狂わない時計と同じ正確さを誇る・・・・・


すばらしい・・・・





・・・・って何を無駄なことを。

あーーあーー時間が無駄になってしまった、今日はもっとやりたいことがあったのに・・・・

それじゃあ今日はこの辺で~~

トオルンのブログ

日常生活から趣味はぷよぷよやら音楽小説数学情報論理にポエムやお絵かきそして大会や太鼓などの音ゲーと、 もはやジャンルというものが存在しないブログです

0コメント

  • 1000 / 1000